おなかがぺこぺこのブタヤマさんは、道で出会ったキャベツくんを食べようとします。キャベツくんは、そんなブタヤマさんに「ぼくを食べると、キャベツになるよ!」といいます。すると、キャベツになったブタヤマさんが黄色い空に大きく浮かびます。

ブキャ!と驚くブタヤマさん。
それから、へび、タヌキ、ゴリラ……次々とキャベツになった動物たちの姿が空に。そのたびにブキャ!ブキャ!ブキャ!変わっていくブタヤマさんの表情がユニークです。

ブタヤマさんは、キャベツくんを食べるのか?食べないのか?
最後は、キャベツくんの優しさがぼのぼのと黄色い空に広がります。

ただただ楽しい本って豊かだなと思います。
長さんの絵は、ガツンとしているのに奥行きと広がりがあって、自分もその絵の中でこんな表情をしてみたいなあと思います。



★おまけ
キャベツといえば、お好み焼き。我が家のお好み焼きは、キャベツ丸ごと1個をちょっと太めの千切りにします。粉は少なめの水で溶き、焼く直前に具と合わせるのが水っぽくならないコツです。ちなみに、キャベツの葉は一枚一枚剥いで洗う派です。


キャベツくん
著: 長 新太
発行:文研出版
初版:2005年2月1日