ことばのない絵本です。
年老いたバイオリン弾きが音楽を奏ではじめると、弦の先からさまざまな色や形の音が宙に解き放たれます。

形や絵を見ようとすると、花びら、月、太陽、山、海の中、土の中、涙、花火。にも見えるけど、ただ静かに心をすませば、あの時の情景とそこにあった音や、これから出会うであろう風景と音に包まれます。
メロディだったり、会話だったり、虫の鳴き声や、風の音かもしれません。きっとそれぞれ。

作者が講演会でこの題材を扱う時は、モーツァルトのバイオリンコンチェルト作品63の旋律をあわせるそうです。好きな音楽と聴きながら読むと、また違った感情が生まれます。
心をすますと、何が見えるでしょうか。


★おまけ
はじめてこの本を手にした時、私の中には寄せては返す波の音と一緒に、宇宙とすべての命がつながるイメージが広がりました。
もうすぐ2歳の孫は、ページをめくるたびに「きれいねぇ、おひさまかなぁ、やまだねぇ、さかなー、ピンクすきー……」と眼に映るままを言葉にします。「おばあちゃんはきいろにしよ」と言われました^^。彼女の心に広がってる風景や音をみてみたいなあ。



うたが みえる きこえるよ
https://amzn.to/2HfxKGg
著: エリック・カール
発行:偕成社 (1981/12)
初版:1981年12月